胃カメラ検査完全ガイド〜方法・費用・麻酔などを解説

胃カメラ検査完全ガイド〜方法・費用・麻酔などを解説

胃カメラ検査の方法と手順

会社や地域の健康診断で胃の検査をすることが有ります。

 

簡単な検査としては、バリウムと言う白いドロッとした液体を飲んでレントゲン撮影して胃に異常は無いかを検査をします。

 

しかし、バリウム検査では胃を直接見ることが出来ません。

 

「胃カメラ」で胃の内部を直接診て検査する方法が多くなってきました。

 

 

「胃カメラ検査」事前検査と前処置

胃カメラ検査には、口から管を入れる方法と鼻から入れる方法があります。

 

両方ともに共通して検査前の症状を把握するための検査や、事前処置が有ります。

 

事前検査

検査を安全に行うために、全身の健康状態、感染症の有無、アレルギーの有無、副作用の経歴などの確認、必要に応じて採血などの検査を行う場合があります。

 

前処置

検査前日の夕食は午後9時までに軽く済ませて、それ以降当日朝の飲食もいけません。

 

降圧剤や毎日飲んでいる薬があれば医者に相談しましょう。

 

検査方法や手順に不安がある場合は、事前に医者に確認しておくと安心して検査に望めるでしょう。

 

「経口内視鏡」による検査手順

通常の胃カメラは口にマウスピースを咥えて、口から喉、食道、胃へと先端にカメラが付いたケーブルを通して胃の様子を見ます。

  • 胃の泡を消して見やすくする消泡剤を飲みます。
  • 喉の麻酔を3〜5分喉に留めておき、その後吐き出すか、飲んでしまいます。
  • 胃の動きを止める薬、緊張を和らげる薬を点滴します。(医者によって異なります。)
  • 検査台に左側を下にして横向きに寝ます。
  • マウスピースを咥えます。(指示されます。)
  • 内視鏡が口に挿入され、食道を通って胃の細部まで診ます。
  • 検査開始から5〜10分で終了します。

 

「経鼻内視鏡」による検査手順

現在、口からの胃カメラよりも苦しさを感じない、鼻から内視鏡を入れて検査する方法も多くなっています。

  • 胃の泡を消して見やすくする消泡剤を飲みます。
  • 鼻の通過をよくする点鼻薬を噴霧します。
  • 鼻に麻酔薬を噴霧します。
  • 検査台に左側を下にして横になり、細い内視鏡が鼻の穴から挿入されて、喉、胃と診ていきます。
  • 検査は、通常10〜15分で終了します。

スポンサーリンク