胃カメラとバリウム検査の違い

胃カメラとバリウム検査の違い

胃カメラとバリウム検査の違いについて

胃の調子が悪く病院で検査してもらう場合や、健康診断で胃の検査をする時に「胃カメラ」検査にするか、「バリウム検査」にするか、どちらも嫌だと思いながらも検査しないことには始まりません。

 

双方の検査の違いを見ていきましょう。

 

「バリウム検査」は白黒写真

「バリウム検査」は、石灰液のような白いバリウムを飲んでから検査台に乗り、指示通りに動いて胃のレントゲン撮影を行います。

 

胸部レントゲンや外科のレントゲンと同じように、白黒の写真診断になります。

 

内視鏡「胃カメラ」と比べて、次のような特徴があります。

 

・診断の制度に限界があり、ごく早期のがんや胃炎、ピロリ菌の影響など判断しにくいです。

 

・食道の病気を知ることは困難です。

 

・検査が終了から結果が出るまでにタイムラグがあります。

 

・バリウムは下剤を飲んで排出するまで大変苦労します。

 

「胃カメラ」は検査しながら診断

「胃カメラ」は苦しいと誤解している人も多くいますが、検査前の説明を理解することで安全に検査を受けることが出来ます。

 

「バリウム検査」で、異常が見つかって再検査を必要になった人が「胃カメラ」検査をするパターンが多くあります。

  • 内視鏡は精度が高く、検査しながら診断することが可能で、その場で細胞を採って病理検査に回すことが出来ます。
  • カラー画像なので、ピロリ菌の有無から委縮や胃潰瘍、ごく初期のがんも診断可能です。
  • 口や鼻から食道・胃・十二指腸までの異常も診断することが可能です。
  • 検査終了後には、下剤の必要も便を気にすることも有りません。
  • 検査費用は、バリウム検査とほぼ同額です。

 

最初から「胃カメラ」をお勧めします!

「バリウム検査」も「胃カメラ」も前日晩の食事の制限、当日の朝は食事してはいけない点、検査前に消泡剤を飲む事では同じですが、その後の検査の仕方が異なります。

 

先にバリウム検査を受けて、異常があった場合に再度「胃カメラ」検査をする人も少なくありません。

 

最近では、最初から「胃カメラ」を進めるところが多くなっています。

 

再度検査する無駄な時間や、検査に苦痛を感じなくて済むからです。

 

最初から、鮮明に診断できる検査方法を選択することで、苦痛も経済的負担も少なくて済みます。

スポンサーリンク