苦しくない胃カメラ検査はあるのか

苦しくない胃カメラ検査はあるのか

苦しくない胃カメラ検査はあるのか

「胃カメラ」検査と聞けばほとんどの人が、苦しいから嫌だと思われるでしょう。

 

しかし、苦しくしているのは検査を受ける人自身の思い込みや、口からの内視鏡にえづいてしまうことにあります。

 

苦しくない「胃カメラ」はありますが、誰でも無痛とは言い切れません。

 

検査する時の対応の仕方とコツで、安心して検査を受けることが出来ます。

 

「胃カメラ」検査の種類と担当医の説明

小さな内科や胃腸科の個人病院では、その先生が内視鏡検査を行っている場合が多いので経験値が高いことと、信頼関係が出来ていることから安心感があります。

 

この安心感、緊張が少ないことが苦しさと大きく関係します。

 

経口内視鏡、経鼻内視鏡ともに対応しているかは病院によって異なりますから、出来れば鼻から挿入する方法の方が苦しくないと言われます。

 

口からの挿入には、どうしてもえづいてしまうことが有ります。

 

この咽頭反射はなりやすい人とあまり感じない人がいます。

 

咽頭に麻酔や鎮静剤の注射をして検査に入りますが、それでも怖いと思って体が堅くなると苦しさを自分で作っている状態になります。

 

事前に担当医や看護師の説明をよく聞いて、理解したうえで任せましょう。

 

苦しくない「経口内視鏡」検査のコツ

事前処置をして検査台に乗ってしまえば、どうすれば楽かを実践します。

 

麻酔もしたし鎮静剤も打っているのだから涎を垂らそうが鼻水が出ようがいいのです。

 

緊張して涎を飲み込んだり、鼻をすすろうとすれば気道に入って咳こんでしまいます。

 

そうなると検査は中止となり、喉を傷つけることにもなりかねません。

 

左下に横になって、顎は引き気味に、膝を楽に曲げて、両手は楽な位置に放り出します。

 

体から力を抜いてだらりとした脱力状態にします。

 

いよいよ内視鏡が入る時は誰でも緊張しますが、この時ベロを奥に引っ込めないことです。

 

ベロが喉を狭くして苦しくなります。

 

深く息を吐くようにして、ごっくんと飲み込めば痛さも苦しさもなくスムーズに検査は進みます。

スポンサーリンク