胃カメラ検査によって逆流性食道炎が発見された場合

胃カメラ検査によって逆流性食道炎が発見された場合

胃カメラ検査によって逆流性食道炎が発見された場合

胃カメラ検査によって様々な病気が発見されることがありますが、逆流性食道炎が発見される場合もあります。

 

胃カメラ検査で発見される逆流性食道炎が見つかった時にはどうするのか、胃カメラ検査で発見される逆流性食道炎とはどのような病気なのか、胃カメラ検査で見つかった軽い逆流性食道炎はどのように治療していくものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で逆流性食道炎がみつかった時には

胃カメラ検査で逆流性食道炎が発見された場合には、どの程度の逆流性食道炎なのかという症状で判断することが多いでしょう。初期でそれほど進んでいなければ入院などせず投薬で治療していくことが出来ますが、手術が必要な場合などには入院治療が必要となってきます。食道ヘルニアを患っている人も入院治療となることが多いです。

 

胃カメラ検査で見つかることがある逆流性食道炎とはどのような病気なのか

逆流性食道炎とは、食道の粘膜に炎症が起こり、胃の中にあるものが食道に逆流する病気です。

 

胃カメラの内視鏡で発見されることが多く、逆流性食道炎を疑う場合には胃カメラ検査をする場合が多いです。

 

胃カメラ検査で見つかった軽い逆流性食道炎はどのように治療していくものなのか

逆流性食道炎は基本的には薬で治すことが出来る病気です。食生活の改善などを心掛けながらまたストレスなどをためないように心がけるなどをして治療して行くのが良い方法と言えるでしょう。

 

胃カメラ検査によって逆流性食道炎が発見されることがあります。逆流性食道炎は軽い場合には投薬治療で数カ月で治ることもありますが、入院しなければならないほどのケースもあります。

 

しかし一般的には入院せず治療するという場合がほとんどと言える病気でしょう。

スポンサーリンク