胃カメラ検査による見落とし・誤診

胃カメラ検査による見落とし・誤診

胃カメラ検査による見落とし・誤診

胃カメラ検査をするにあたって、医師が見落とししたり誤診したりするケースもないことはないと言われています。胃カメラ検査で見落としがあったり誤診があるようなことはどうしてあるものなのか、胃カメラ検査で見落としされないようにするにはどうしたら良いのか、胃カメラ検査で見落としがないように、もしも胃癌である場合どのような自覚症状が出てくるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で病気の見落としや誤診はどうしてあるものなのか

胃カメラ検査は細かなところまで見ることが出来ると言われていますが、どうしても胃のひだに隠れたような部分の癌などは見落としてしまうようなケースがあるようです。またスキルス性胃癌などは胃カメラ検査であっても見つけにくいとも言われています。

 

胃カメラ検査で見落としされないようにするためには

胃カメラ検査で癌であるのに癌でないと見落としされてしまわないように、命を縮めないためにもどうしたら良いのかというと、やはりセカンドオピニオンが大切となってくるかもしれません。体は不調なのに特に悪いところはないという時には、違うところでもう一度相談するなどすることが大切です。

 

胃カメラ検査で見逃されないよう胃癌の自覚症状とは

胃カメラ検査をする場合、癌の発見のために検査することが多いと思われますが、もしも見逃しが起こらないためにも、自分でも胃癌にはどのような自覚症状があるのかどうかなどを知っておく必要があります。

 

初期症状として胃癌の場合、胸やけがしたり、消化不良が起こったり、慢性的に痛みを感じたり、ご飯を食べた後に胃が痛くなったり腹部膨満の症状などが見られることがあります。

 

胃カメラ検査をして特に病気はないと言われたのに後から癌が発見されたなど、見落としや誤診などもたまにある事があるようです。もちろん癌がとても見つかりにくいところにあったり、なかなか見つからない癌などもあるようですが、不安に思った時などはそのままにせずセカンドオピニオンなどをしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク