胃カメラ検査と呼吸

胃カメラ検査と呼吸

胃カメラ検査と呼吸

胃カメラ検査をするにあたって、検査の時にゆっくりと呼吸すると上手に検査が受けられるとも言われています。どのような呼吸を胃カメラ検査の時にすると楽になるものなのか、胃カメラ検査をしていて息苦しくなってしまったらどのようにしたら良いものなのか、胃カメラ検査をする時に鼻がつまったらいたらどうしたらいいのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査の時にどのような呼吸をすると楽に受けられるものなのか

胃カメラ検査を受ける時には、肩の力が入ってしまうこともあるかもしれませんが、出来るだけリラックスした状態で受ける方が楽に受けられると言われています。また、呼吸はゆっくりと空気を吸い込んでから、全身の力をぬくようにしながら吐きだして指先まで力をぬくというのが良い呼吸の仕方です。

 

胃カメラ検査で息苦しくなってしまったらどうしたら良いものなのか

胃カメラ検査をしていると、どうしても呼吸が乱れてしまったり、息を止めてしまったりすることがあるかもしれません。そのような時には鼻からゆっくりと呼吸することで呼吸を安定させることが出来ます。

 

胃カメラ検査の前に鼻づまりが起こっていたら

胃カメラ検査の時には呼吸をきちんとするためにも鼻が詰まっていると辛い思いをするかもしれません。

 

そのためにも検査の日までに点鼻薬などで鼻の通りをきちんとしておいた方が良いでしょう。万が一口での呼吸が乱れてしまってさらに鼻がつまっていると呼吸が出来なくなって苦しくなってしまいます。

 

胃カメラ検査を受ける時には、苦しくて辛い検査という事が頭をめぐってしまってなかなか最初からリラックスして検査を受けられる人は少ないかもしれませんが、出来るだけ深呼吸などを何度かしてから検査を受けると良いでしょう。

スポンサーリンク