胃カメラ検査による合併症

胃カメラ検査による合併症

胃カメラ検査による合併症

胃カメラ検査による合併症は稀ですがさまざまなことが起こることがあります。胃カメラ検査で合併症が起きるとはどのような合併症があるものなのか、胃カメラ検査をした後に何か合併症が出ることはあるものなのか、胃カメラ検査をするにあたり出血の危険を増す薬とはどんな薬なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査での合併症はどんなものがあるものなのか

胃カメラ検査を受けるにあたって合併症が出るという確率はとても低いものとはなりますが、0ではないとも言われています。どのような合併症が出るのかというと、出血が起こったり、胃カメラをすることによって胃や食道・十二指腸などに穴があいてしまうことがあったり、血圧が急に低下したり、呼吸が最悪止まってしまったり、薬などによりアレルギーを起こすことなども考えられます。

 

胃カメラ検査をした後に合併症が出る事はあるのか

胃カメラ検査をした後に、何か体調が悪くなることで熱が出たり、頭痛が出たり、胃が痛くなったりするような合併症が検査後に出ることもあります。検査後に何か症状などが出た場合には、検査をした病院で診察してもらうようにした方が良いでしょ

 

胃カメラ検査をするにあたって出血の危険が増す薬とは

胃カメラ検査をする人で血液をさらさらにする薬などを服用していると、万が一出血した場合になかなか出血が止まらない事などが出てくる場合があります。そのような薬を飲んでいた場合には必ず医師に報告する必要があります。具体的な薬の名前は、プラビックス、バファリン81、パナルジン、ワーファリン、バイアスピリンなどの薬です。

 

胃カメラ検査をするにあたって合併症がまれに出る場合があります。血液をサラサラにする薬などを服用していると出血が止まらなくなったりすることがありますので、必ず事前に医師に伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク