子供の胃カメラ検査

子供の胃カメラ検査

子供の胃カメラ検査

胃カメラ検査は子供でも必要に応じてすることがあります。胃カメラ検査を子供がする場合には、どのような病気が疑われてすることが多いのか、胃カメラ検査をする時には子供は麻酔をするものなのか、子供が胃カメラ検査をする時には内視鏡は大人と同じものを使用するのか、などを紹介したいと思います。

 

子供が胃カメラ検査をする理由とは何か

子供が胃カメラ検査をする時には、胃炎・胃潰瘍・腸閉塞・逆流性食道炎などの病気を疑う時に胃カメラをする場合が多いでしょう。もちろんその他にも原因があり、何かを判明させるために検査をすることがあります。

 

子供が胃カメラ検査をする時には麻酔はするものなのか

子供が胃カメラ検査をする場合には、全身麻酔で内視鏡検査をする場合があります。胃カメラ検査は基本的に痛かったり辛かったりすることがあり、子供の場合安静にすることが難しく暴れてしまわないようになども考えて、全身麻酔をするということもあります。麻酔をするにしても深い眠りではなく比較的浅い眠りでの全身麻酔になるようです。必ずしもすべての胃カメラで全身麻酔になるわけではなく病院によるようです。

 

胃カメラ検査を子供が行う場合大人とは内視鏡は違うものなのか

子供が胃カメラ検査で内視鏡を使用する時には、大人と同じ太さのものですと体に合わないため、大人よりも細い内視鏡を使用して胃カメラ検査を行います。

 

子供でも病気が疑われる場合には、胃カメラ検査をすることがあります。大人よりも細い内視鏡などを使用して体に負担のないように検査することが多いです。全身麻酔をして胃カメラ検査をすることもありますが病院によって考えなどに違いがあると思います。全身麻酔は安全と言われていますが100%ではないため、主治医などとよく相談してから検査を決めると良いでしょう。

スポンサーリンク