胃カメラによる事故

胃カメラによる事故

胃カメラによる事故

胃カメラによる事故は0.012%の割合で起こるとも言われていて、胃カメラ検査で死亡する率は0.00075%と言われているようです。稀ではありますが、全く危険ではないということにはなります。胃カメラで事故になる内容はどのような内容なのか、胃カメラ検査で死亡事故が起こった場合の責任はどのようになるのか、胃カメラ検査の前処置の段階での事故などはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で事故となる内容とはどのような内容か

内視鏡を使用する際にどこかを傷つけてしまったり、胃などに穴があいてしまったり、麻酔をかけたことでショックを起こしたり、検査後に大出血をして死亡、鎮静剤や麻酔薬などによって死亡事故が起こってしまうと言うような内容の事故があるようです。

 

胃カメラ検査で死亡事故が起こった場合責任を病院に問えるのか

胃カメラの検査で医療事故が起こった場合、責任が病院側にあった事例は1%くらいしかないと言われています。なかなか事故となった原因などを追究することが出来ないために、原因がはっきりとわからない為責任は問えない、などと言われているようです。

 

胃カメラ検査で前処置の段階で事故が起こる事はあるのか

胃カメラ検査をする前には、前処置として薬剤を使用していく事が多いですが、その段階で事故が起こる事もあります。咽頭麻酔や鎮静剤などで合併症が起こることも、死亡することも稀ですがあります。

 

胃カメラ検査は安全とはいえ100%安全とはいえない検査のため、事故が起こることもあります。合併症などが起こったり、最悪死亡してしまうケースもあります。内視鏡の検査だけではなく、前処置の麻酔や鎮静剤などでも事故や死亡事故は起こります。

スポンサーリンク