胃カメラ検査によって腫瘍が発見された場合

胃カメラ検査によって腫瘍が発見された場合

胃カメラ検査によって腫瘍が発見された場合

胃カメラ検査によって腫瘍が発見された場合には検査中に組織を採取して生検に出すことが多いです。胃カメラ検査によって見つかる腫瘍とはどのようなものがあるのか、粘膜下腫瘍とはどのような病気なのか、胃に出来たポリープなどが発見された場合放置するとどうなるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査によって見つかる腫瘍

胃カメラ検査ではさまざまな腫瘍が見つかることがあります。胃癌のような悪性腫瘍、粘膜下腫瘍、ポリープなど他にも様々ありますが一見して判断が付かない場合は組織を採取して生検に出して、悪性か良性かなどを判断してもらいます。

 

胃粘膜下腫瘍とはどのような病気なのか

胃の粘膜の下にある腫瘍のことを胃粘膜下腫瘍といい、粘膜下層に出来る腫瘍のことをいいます。治療が必要ない良性のものもありますが、命に関わる悪性のものまであります。病理組織などに出して詳しく検査して種類を確定します。

 

胃に出来たポリープをそのまま放置するとどうなるものなのか

ポリープは放置しても良性のものであれば大丈夫ですが、しばらくして数が増えていたりすることもあります。ポリープは胃癌になることはないと言われていますが、胃腺腫性ポリープは癌化する確率が長い年月でみると増えていくこともあるため、ポリープの種類によっては放置は危険と言えるでしょう。

 

胃カメラ検査で腫瘍が見つかり、細胞を生検で検査すると言われた時には癌ではないかと怖くなることもありますが、腫瘍は良性の場合も悪性の場合もあるため、きちんと検査してもらわなければわかりません。

 

ポリープなどは良性のものが多く、癌に変わることはないと言われていますが、中には癌化しやすいポリープもあるため、数年に一度はきちんと胃カメラをして検査をしていった方が良いでしょう。

スポンサーリンク