胃カメラ後に食事をした際の胃痛

胃カメラ後に食事をした際の胃痛

胃カメラ後に食事をした際の胃痛

胃カメラをした後に食事をした際に胃痛をすることがあると思います。胃カメラをした後、食事をして胃痛がするというのにはどのような事が考えられるのか、胃カメラをした後に何日も胃痛が続く時にはどうしたら良いのか、胃カメラ検査後にストレスが原因で胃潰瘍になることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをして食事を摂った後に胃痛がした場合に考えられる事とは

胃カメラをした後に食事は麻酔が切れた後にはとっていいとされていますが、食事を摂った後に胃痛がした場合にはもしかすると検査をした際に、粘膜に傷がついて出血しているというような事が考えられます。あまりにも痛みが続いて治らないような場合には病院へ連絡した方が良いでしょう。

 

胃カメラをした後に数日間胃痛が続く場合にはどうしたら良いのか

胃カメラをした際に胃痛がしたり、喉が痛むような場合には、検査時に傷つけられて痛みが出ている場合があります。数日間続くこともあるためどうしても気になるようなら病院へ連絡したり、病院へ行ったりすると良いです。傷がよくなるまで二週間くらい続くような人も中にはいるようです。

 

胃カメラ後の痛みなどが原因で胃潰瘍になってしまうことはあるのか

胃カメラ検査をした時に粘膜に傷がつくなりして胃痛がすることがあります。その胃痛がしばらく続き良くならなかったりすると、それがとてもストレスになり、胃潰瘍になってしまうことさえある人も中にはいます。さらに痛みが出ないようにするためにも、技術力の高い病院を探して胃カメラを受けることをお勧めします。

 

胃カメラをして食事を摂取した後に胃痛がするということがあります。そのような時は粘膜が傷ついていたりすることがあるため数日間胃痛があることもあるようです。どうしてもつらい場合などには病院へ連絡すると良いでしょう。

スポンサーリンク