胃カメラ後の食事と麻酔の影響

胃カメラ後の食事と麻酔の影響

胃カメラ後の食事と麻酔の影響

胃カメラ後は食事をするのは麻酔から覚めてからという決まりに胃カメラ検査ではなっています。胃カメラの麻酔が覚めない前に食事をしてしまうと何か影響があるものなのか、胃カメラ検査後の食事で気を付けたほうがいい事とはどんなことなのか、胃カメラをする時に麻酔をしているとデメリットになることとはどのような事なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ後に麻酔が覚めてから食事となっているのは何か影響があるからなのか

胃カメラの内視鏡は食道を通って胃にいくので、麻酔が効いている時には何らかの炎症があっても分からないですが、麻酔が覚めると痛みなどが出る場合もあります。麻酔が効いている時に食事をとってしまうと痛みなどがわからないため、後から刺激になってしまうことがあるため注意が必要なのです。

 

胃カメラ検査の後に食事を出来るようになった時に気を付けた方がいい事とは

胃カメラが食道を通っていたり、胃の動きを止める薬を飲んだりしているため、刺激になるような食事は避けた方が良いでしょう。出来るだけ消化が良い食べ物を選んで摂取するということが大切です。

 

脂っこいものなども出来るだけ避けた方が良いです。

 

胃カメラ検査時に麻酔をしている事でデメリットになる事とは

麻酔をすると痛みを感じなくなるため、辛い検査などはとても楽になりメリットになることが多いと思われますが、何かあった際にもその痛みがわからないことから発見が遅れてしまう、というような事もあるためそのようなことがデメリットとなります。また麻酔をしているとしばらく安静にしていなければならないためすぐに帰ることも出来ません。

 

胃カメラ後に食事をするのは麻酔が覚めてからという決まりがあります。麻酔が何か影響するのかというと、麻酔が覚めていないと痛みなどを感じることができないため、食事を摂って刺激になっても分からないからです。

 

食事の内容も出来るだけ消化が良いものを選んで食べるようにするなどした方が良いでしょう。

スポンサーリンク