胃カメラを麻酔無しで受ける場合

胃カメラを麻酔無しで受ける場合

胃カメラを麻酔無しで受ける場合

胃カメラは麻酔を使用する場合と麻酔なしの場合のどちらかで受けることが出来ます。胃カメラを麻酔なしで受けた場合にはどのような検査となることが多いものなのか、胃カメラを麻酔なしで受けるのはどのような人が向いているのか、鼻からの胃カメラを麻酔なしで受けるとどのような感じになるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを麻酔なしでした場合にはどのような感じで検査が進むのか

胃カメラを麻酔なしで受けた場合には、まず喉の反射がつらいという事を感じる人が多いようです。どちらかというと胃カメラ検査が苦しかったり、つらかったというイメージを持つ人が多いでしょう。途中も違和感が残ったり、えずいたりすることがあります。もちろん何も感じず大丈夫な人もいます。

 

胃カメラを麻酔なしで受けるのはどのような人が向いているのか

胃カメラ検査を既に何度も受けたことがある人で、特に苦痛を感じないというような人であれば、麻酔なしでも大丈夫かと思います。もしくはあまり嘔吐などしない、痛みなどに鈍感という人などであれば麻酔がなくても問題ないでしょう。

 

鼻からの胃カメラを受けた時に麻酔なしで受けるとどのような感じになるのか

鼻からの内視鏡は鼻が曲がっていたり、詰まっていたりするととても苦しいものになると言われていますが、特に問題がない場合には、口からの検査よりも苦痛が少ないとも言われています。

 

鼻から胃カメラを入れた場合には、鼻を通っている間は違和感があるようですが、先の方へ入るとそれほど辛い思いをずっとするわけではないようです。

 

胃カメラは麻酔なしと麻酔ありのどちらも自分で選択することが出来ますが、麻酔なしを選んだ場合初めての人などはとても苦しくて辛い検査になることも多いようです。中には痛みに鈍感であったり、喉の反射もあまりないような人は麻酔なしでも平気な事もあります。何度か受けていて慣れているような人も麻酔なしで大丈夫な人もいるようです。

スポンサーリンク