胃カメラの麻酔による眠気

胃カメラの麻酔による眠気

胃カメラの麻酔による眠気

胃カメラをした時に麻酔を使用すると眠気が強く起こります。胃カメラをした時に麻酔をすると眠気によって検査後にできないことなどはあるものなのか、胃カメラの鎮静剤の副作用というものはあるものなのか、胃カメラで全身麻酔するとリスクのようなものはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを受けた時に麻酔をすると眠気によって出来ないことはあるものなのか

胃カメラを受ける時にを麻酔を使用すると麻酔が覚めた後にも、強い眠気が残っていたり、ふらふらとしてしまったりすることがあります。帰宅するまでに安静にする時間も長く、車の運転や仕事なども検査後にはすることはできません。

 

胃カメラでの鎮静剤を使用した時の副作用とはどのようなものなのか

胃カメラを受けるにあたり、鎮静剤を使用した場合、副作用が起こる場合が人によっては起こる場合があります。アレルギーがあるような場合には血圧が低下したりすることもあったり、一時的に記憶がなくなってしまうというような事も、一時的に呼吸が止まってしまうような副作用も出ることがあるようです。

 

胃カメラで全身麻酔する時のリスクなどはあるものなのか

胃カメラをする時にどうしても痛みや苦しくなどが嫌だというような人で全身麻酔を希望する人も中にはいるでしょう。全身麻酔にはリスクなどはあるものなのかというと、やはり麻酔事故というものは起こることが0ではないため、多少のリスクはあるものです。しかし麻酔での事故は10万人に1人くらいの確率です。

 

胃カメラをした時には麻酔をすると強い眠気が起こり、痛みや不快感などを感じなくて良いものとなりますが、鎮静剤を使用すると副作用が起こったりするケースもあります。また、全身麻酔での胃カメラも出来ますが、事故の確率は0ではないことだけは知っておきましょう。

スポンサーリンク