胃カメラでの麻酔の方法

胃カメラでの麻酔の方法

胃カメラでの麻酔の方法

胃カメラをする際に検査でつらくないように麻酔をして検査をする方法があります。胃カメラで麻酔をする時にはどのようにするものなのか、胃カメラの時に咽頭麻酔や鎮静剤を使用する時どのような薬を使うものなのか、胃カメラに使用する鎮静剤は安全なものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで麻酔をするのはどんな風にするものなのか

胃カメラ検査で麻酔をする時には静脈注射でおこなっていきます。鎮静剤の種類や量などによって、ウトウトしているような寝ているような状態や検査中の記憶があまりない状態などで、胃カメラを受けることが出来ます。

 

静脈注射なので注射を指すくらいで他には特に痛みを感じるようなことはありません。

 

胃カメラで咽頭麻酔、鎮静剤を使用する時にはどんな薬を使うことが多いのか

咽頭麻酔は必ず行うものですが、キシロカインビスカスが使用されています。また、鎮静剤が使用される時にはいろいろな種類の中からレベルによって変えられます。軽いものから重めのものまでいろいろあります。軽度のものでは、セルシン・ロヒプノール・オピスタンなどを使用することが多いです。

 

胃カメラ検査の時に使用する鎮静剤などは安全なものなのかどうか

鎮静剤は軽いものであれば特に問題がある場合は少ないですが、かなり重めのものを使用し、量なども多めの場合には危険を伴うこともあります。副作用が出ることもあるため、デメリットなども知ってから受けると良いでしょう。

 

胃カメラ検査をする時には咽頭麻酔は必ず行われます。その場合咽頭反射などがありつらい思いをすることがあり、鎮静剤などを使用しての静脈注射をすると、寝ているような感じの間に検査が終わるため楽に胃カメラを受けることが出来ます。使用される鎮静剤にはいろいろ種類があり、重めのものをたくさんの量使用すると、リスクなどがあることなどは把握しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク