胃カメラと全身麻酔

胃カメラと全身麻酔

胃カメラと全身麻酔

胃カメラ検査をするときに全身麻酔をすることもあります。どのような時に胃カメラで全身麻酔をするまでなるものなのか、胃カメラをする時に他の麻酔の方法はあるものなのか、胃カメラで全身麻酔する時にはどのようなリスクがあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで全身麻酔をするような時とはどのような時なのか

胃カメラでは全身麻酔までをして検査をすることはまれではあるかと思いますが、子供などが暴れる事があるような場合には、全身麻酔をかけて検査を行うこともあります。また、今までに胃カメラをしてどうしてもつらい思いなどをした事がある人などで、そのような思いをしたくないという理由などから全身麻酔を希望する人もいます。

 

胃カメラで他に麻酔の方法はあるものなのか

胃カメラ検査では基本的に喉にスプレーなどで部分麻酔は必ずするものです。この部分麻酔は比較的麻酔では軽いものなので、胃カメラが通る時にはオエッとなってしまったりすることもあり、胃カメラがとても苦しいものと感じてしまうこともあります。その他には鎮痛剤などを静脈注射することで麻酔のようにもうろうとしたような状態にすることで検査の痛みや苦しみを知らずに検査をするという方法もあります。

 

胃カメラで全身麻酔する場合のリスクはどのようなものがあるのか

胃カメラで全身麻酔をする場合には、全身麻酔をすることで起きた時に嘔吐などの症状があったり、しばらく体がだるいというような症状があらわれます。また麻酔によって事故などが起こるケースも万が一の場合にはあることもあるためリスクが0とは言えないものとなります。

 

胃カメラで全身麻酔をして検査をする場合には、寝ている間に検査が終わるため、不快感を感じたりすることなく検査を受けることが出来ます。暴れてしまうような子供や、過去に胃カメラで苦しい経験などをした人が行う場合が多いでしょう。しかし全身麻酔の場合にはリスクなどが伴うということも頭にいれておく必要があります。

スポンサーリンク