胃カメラの麻酔は苦しいのか

胃カメラの麻酔は苦しいのか

胃カメラの麻酔は苦しいのか

胃カメラをする場合に麻酔のゼリーなどを口の中に入れたり、胃カメラを入れた後に麻酔のスプレーをして痛みや不快感を軽減するのが目的で麻酔を使用するのが一般的です。麻酔をする時に苦しい思いをすることはあるものなのか、鎮痛剤などを使用して胃カメラをする場合にはどのようにするものなのか、胃カメラをする際に鎮痛剤や麻酔などでリスクがあることはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをする時に行う麻酔は苦しい思いをするものなのか

胃カメラをする時には必ず喉の麻酔をします。これは胃カメラを口の中に入れて検査をする時におえっとなってしまう負担を軽くするためです。麻酔のゼリーやスプレーなどを使用して麻酔していきますが、まず麻酔ゼリーを口の中に入れてしばらく喉の奥にためて効果が出るようにするために時間をおきます。

 

特に苦しいといった思いをすることはないでしょう。すぐに飲み込んでしまったりすると麻酔の効果が薄くなってしまうため、ためておくのが重要ですが特に苦しむといったことはないでしょう。

 

鎮痛剤などを使用して胃カメラ検査をする場合にはどのようにしていくものなのか

鎮痛剤は静脈注射で体の中に入れていくため、つらい思いなどをすることは一切ありません。鎮痛剤を投与すると眠ったような状態になり、鎮痛剤の軽さ、重さなどの程度にもよりますが、胃カメラが入っていくときに苦しいようなつらい思いをすることも少なくすることが出来ます。

 

胃カメラの時に使用する麻酔や鎮痛剤はリスクがあるものなのかどうか

胃カメラの時に麻酔や鎮痛剤をすることで多少の副作用やリスクなどは伴うものとされています。頭痛や嘔吐などの症状が起きたりすることがあり、個人差がありますが出ることがあります。また全身麻酔をする場合にはどうしても麻酔の事故などを伴うことがあり、稀ですが起こるためリスクなども考えて受ける必要があります。

 

胃カメラを受ける時に麻酔のゼリーやスプレーなどを喉に使用しますが、特に苦しいということはなく、しばらくたつと麻酔が効くので不快感は多少あるかもしれませんが、つらい思いをするということはないでしょう。

スポンサーリンク