胃カメラの時の喉頭部の麻酔

胃カメラの時の喉頭部の麻酔

胃カメラの時の喉頭部の麻酔

胃カメラの検査をする時には喉頭部の麻酔を必ず行います。胃カメラ検査の時にどうして喉頭部に麻酔をするものなのか、胃カメラの時に喉頭部にどのような麻酔をするものなのか、胃カメラの際に何かコツのようのはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをする時に喉頭部に麻酔をするのはどうしてなのか

胃カメラをする時にはどうしても喉の奥に胃カメラが通るために、咽頭反射といってオエッとなってしまう反射が起こりやすくなります。咽頭反射はとてもつらく苦しいと感じる人が多いため、それを回避するために咽頭部に麻酔を事前にして出来るだけ苦しまないようにするために行います。

 

胃カメラの時に喉頭部にどんな麻酔をどんな風にして行うものなのか

胃カメラ検査をする時にはまず、喉頭部に麻酔のゼリー(キシロカインゼリー)などを含ませて、喉にカメラが通る時に痛みが和らぐようにします。喉にできるだけゼリーをためておくほうが効果が出やすくなるため、しばらくそのままの状態にしておきます。しばらくすると麻酔が効いてくるためそのゼリーは飲み込んでも大丈夫です。その後胃カメラを通した後にさらに麻酔のスプレーなどをすることもあります。

 

胃カメラをする際に何かコツのようなものかあるものなのか

胃カメラをするにあたって麻酔などを行いますがどうしてもつらさの方が強くなる場合があります。

 

まずは体に力が入ってしまうと、喉に胃カメラが通りにくくなってしまうため、リラックスして体の力をぬくということがコツでとても大切です。またつばは飲み込むようにはせず、すべて口の中から外に出してしまうようにすると苦しむことが減るでしょう。

 

胃カメラをする際には喉頭部に麻酔をしますが、とくに苦しいといったこともなく、しばらくのどの奥にとどめて効果が出るようにすれば良いでしょう。また胃カメラが入ってくる時には体をリラックスさせておく事がとても大切です。

スポンサーリンク