胃カメラの麻酔と授乳への影響

胃カメラの麻酔と授乳への影響

胃カメラの麻酔と授乳への影響

胃カメラをする時には麻酔をすることがありますが授乳のへの影響もあります。授乳中に胃カメラ検査をするのであればどのようにすれば良いものなのか、鎮静剤を胃カメラで使用する時に授乳への影響はあるものなのか、授乳中に胃カメラでの麻酔を受けてしまうと赤ちゃんにどのような影響が出るものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを授乳中にする時にはどうすれば良いものなのか

授乳中に胃カメラ検査をしなければならないということになった時には、母乳から赤ちゃんへ麻酔がうつってしまうことがあるため母乳をあげないように指導されることが多いでしょう。ですから、胃カメラする後に母乳ではなくミルクで代用する、母乳を冷凍しておいて冷凍母乳で代用する、などすることが出来れば胃カメラ検査をすることは可能となります。

 

鎮静剤を授乳中に使用するのは影響があるものなのかどうか

胃カメラをする時に鎮静剤を使用する時にももちろん母乳に影響がありますので、授乳は禁止で、検査後も48時間は母乳をあげられない状況になるかと思います。どうしても検査をしなければならないという状況にあるのであれば、その間は母乳をストップして他の方法に代用するか、授乳期間が終わってから検査をするというような事を考えた方が良いでしょう。

 

胃カメラの時に麻酔を使用してしまうと赤ちゃんにどのような影響が出てしまうものなのか

麻酔は眠らせる作用があり、母乳から赤ちゃんへ移行してしまうと、赤ちゃんにはとても強いものなので母乳を飲んだ後に眠り続けてしまうというような影響が考えられ、どんな副作用などが出るかわからないため、少しだから大丈夫と思わずきちんと医師の指示に従うようにした方が良いでしょう。

 

胃カメラをする時に授乳中である時には、検査後には授乳は禁止となります。ミルクや冷凍した母乳などで代用出来ればよいですが、出来ない場合には検査の時期を見合わせるか、医師の指示にきちんと従った方が良いでしょう。

スポンサーリンク