胃カメラの麻酔の危険性

胃カメラの麻酔の危険性

胃カメラの麻酔の危険性

胃カメラをする際には麻酔をすることがありますが危険性というものが考えられます。胃カメラをする時に危険性があるという麻酔はどのようなものなのか、胃カメラの鎮痛剤を使っての検査は安全性はどのようなものなのか、胃カメラで麻酔をした後に気を付けなければならない点とは、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをする時に麻酔の危険性があるとしたらどんなものなのか

胃カメラをする時には麻酔を行うことがありますが、麻酔といってもいくつか種類があります。胃カメラを通すための喉頭部にゼリーやスプレーをするタイプの局所麻酔は量もとても少なく危険性は低いものと考えられますが、全身麻酔をしての胃カメラの場合ですと、危険性が高くなります。どのように危険性があるのかというと、麻酔の事故などが0ではないということだからです。また粘膜などを損傷されたりすることなどのリスクも考えられます。

 

鎮痛剤を使用しての胃カメラ検査の安全性とはどのようになっているものなのか

鎮痛剤は静脈注射を使用しますが、鎮痛剤の種類によっては重めのものなどもあるため、危険性があるものもあります。しかし静脈注射での麻酔はそれほど高いものではないためにそれほど身構えることはないでしょう。

 

しかし安全性というものは全てにおいて0ではないことも念頭に置いておいた方が良いです。

 

胃カメラを麻酔をかけてした後の注意点とはどのようなものなのか

胃カメラを麻酔をして行った場合、麻酔がさめてからもふらふらしたり、歩行が思うようにいかなかったりすることがあります。もちろん運転などは禁止されますし、仕事なども内容によっては休んだ方が良い場合もあるため、いつもと同じように行動できなくなるということはきちんと把握しておいた方が良いでしょう。

 

胃カメラをするにあたって麻酔をすることがありますが、全身麻酔をする場合には危険性が高く、安全性も0ではないと言えます。しかし局所麻酔や鎮痛剤使用については、もちろん副作用なども出る場合がありますが、全身麻酔よりはリスクは低いと言えるでしょう。

スポンサーリンク