胃カメラの麻酔と食事

胃カメラの麻酔と食事

胃カメラの麻酔と食事

胃カメラをした時に麻酔を使用した場合には食事時間で守らなければならない点などがあります。胃カメラを麻酔を使用した場合の食事の気を付ける点とはどのような点なのか、胃カメラ検査後に食事はどのようなものでも摂取していいものなのか、胃カメラ検査の前日の食事で気を付けなければならないものはどんなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査後の食事を摂る時に気を付けなければならない点とは

胃カメラの時に麻酔を使用している場合、麻酔が効いたまま食事をすると誤飲してしまったりすることがあったり、痛みを感じない事で傷ついた喉の状態がわからなかったりすることがあります。ですから、食事は検査後1時間から2時間くらい経過してから、摂取した方が良いというような決まりがあります。

 

胃カメラが終わった後に食事はどのようなものを食べてもいいのか

胃カメラをした時には喉に胃カメラが通っているので、刺激を受けていることがあります。また前日から絶食しているため、胃の中は空っぽなため、刺激物や脂っこいものは避けた方が良く、消化の良いものを摂取した方が良いでしょう。アルコールなども出来ればその日は控えた方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査をする前に食事で気を付けた方がいい事とは

胃カメラ検査は検査前には21時以降絶食となります。食べ物はもちろん、飲み物などにも制限がありジュースやコーヒーなどのカフェイン、乳製品などもNGなので気を付けた方が良いです。タバコやアルコールなどはももちろん禁止ですので気を付けて前日を過ごしましょう。

 

胃カメラ検査をした後には麻酔がまだ効いているため、すぐに食事を摂ることはできません。麻酔がさめてからということになるため、麻酔が覚めるのが個人差があるため、1時間から2時間くらいは空けてから食事は摂るようにしましょう。

スポンサーリンク