胃カメラの麻酔による頭痛

胃カメラの麻酔による頭痛

胃カメラの麻酔による頭痛

胃カメラを麻酔をして受けると頭痛が起きることがあります。胃カメラを麻酔をして頭痛が起こるような時とはどのような時が多いものなのか、胃カメラの麻酔の副作用として頭痛の他にどのような症状があるものなのか、胃カメラの麻酔の副作用で気を付けた方がいい症状とは、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをした時に麻酔で頭痛が起こる時の原因とは

胃カメラを鼻から入れてすることがあります。そのような場合には鼻に麻酔をかけてから行いますが、麻酔が覚めると鼻の中に多少の痛みが出ることもあるでしょう。またそこから頭痛が発生する人も中にはいるようです。鎮痛剤を使用して胃カメラをすると、鎮静剤の副作用が発生する人がいます。もともと頭痛がある人によく副作用が出ると言われているようですが、鎮痛剤の副作用と考えられることが多いでしょう。

 

胃カメラの麻酔の副作用はどのようなものが出ることが多いのか

胃カメラの麻酔の副作用は頭痛などが出る場合が多いと言われていますが、その他にもいろいろと副作用として出ることがあります。例えば眩暈、耳鳴り、嘔吐、下痢、胸やけ、胃の不快感などがいろいろと出る場合があり、個人差があります。

 

胃カメラの麻酔の副作用で出来れば病院へ連絡した方がいいような症状とは

胃カメラの麻酔での副作用はいろいろ出ることがありますが、アレルギーなどの肌に何か症状が出た場合などには薬品が合わなかったというような場合がありますので、出来ればすぐ病院へ連絡して診察などを受けた方が良いです。すぐに行けない場合には電話で医師の指示を聞いたりするのでも良いでしょう。

 

胃カメラを麻酔をして行った場合、頭痛などの副作用が発生することがあります。副作用は頭痛の他にも様々人によって出る場合があり、気を付けた方が良いです。アレルギー症状などが検査後にとても酷く出た場合には、すぐに病院にかかった方が良いです。

スポンサーリンク