胃カメラの麻酔により暴れることはあるのか

胃カメラの麻酔により暴れることはあるのか

胃カメラの麻酔により暴れることはあるのか

胃カメラをする時には麻酔を使用することがありますが暴れるということがあることもあります。胃カメラの時にどのような麻酔をした場合に暴れることがあるものなのか、胃カメラの麻酔で暴れても本人に記憶はあるものなのか、胃カメラ検査中に暴れないようにするにはどうしたら良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの麻酔をすることで検査中に暴れるということはどんな麻酔をした時なのか

胃カメラの検査をする時には局所麻酔や鎮静剤の使用、全身麻酔などの種類の麻酔がありますが全身麻酔は意識が全くなくなるため暴れるということはないと思われます。また局所麻酔は意識ははっきりとありますので、つらく苦しい場合には暴れるような動作になってしまうこともあるかもしれません。

 

鎮静剤を使用した時にはウトウトと眠っている状態になりますが、体は意識とは関係なく動いてしまうために暴れてしまうということが中にはあるようです。

 

胃カメラ検査で麻酔などを使用した場合に暴れてしまった時には記憶などはあるものなのか

胃カメラの検査で鎮静剤などや麻酔をした時に眠っているような状態にも関わらず、暴れてしまうということがあるようですが、何となく暴れたような気がする程度に記憶が残るような人が多いようです。例えばお酒を飲んで酔っぱらっているような感覚に似ている感じで抑制が効かなくなるようです。

 

胃カメラ検査で暴れないようにするためには

どうしても咽頭反射などが強い人などは身体が勝手に動いて暴れてしまうこともあるかもしれません。そのような場合には胃カメラを上手にしてくれる先生を探すなどをするか、鎮静剤の量を多くしてもらう、もしくは全身麻酔にて胃カメラ検査をするというのが解決方法となるでしょう。

 

胃カメラの検査をする時に麻酔をしていても胃カメラが入る時に辛かったりすると、暴れてしまうということが起こってしまうようです。

 

鎮静剤などを注射されていると全く知らない間に暴れてしまっていたり、何となく暴れたような気がする程度の意識で知ることがあるようです。

スポンサーリンク