胃カメラの麻酔と飲酒

胃カメラの麻酔と飲酒

胃カメラの麻酔と飲酒

胃カメラをする時には麻酔を使用することが多いですが、検査後に飲酒はしても良いのかどうか判断に迷うことがあるでしょう。胃カメラをして麻酔をした後に飲酒をすることはどうなのか、どうして胃カメラをした後に飲酒をしてはいけないものなのか、胃カメラを行って組織検査をした人は飲酒以外には禁止されていることとはどのような事なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをする時に麻酔をした時検査後に飲酒はして良いものなのかどうか

胃カメラをする時には前日から絶食になりますし、その日も検査後しばらくしてからでないと食事もしてはいけないことになっています。もちろん飲酒も禁止で刺激のあるものも禁止となります。

 

胃カメラをした後にどうして飲酒をしてはいけないのか

胃カメラ検査をすると、胃にも相当なダメージがかかっていたり、粘膜を傷つけてしまっていることもあるでしょう。そんな時に刺激の強いものを摂取したり、アルコールを摂取すると、それによって胃がさらに弱ってしまうことがあるため、飲酒は禁止となります。胃が傷ついていると出血してしまうことがあるため最大の注意が必要です。

 

胃カメラ検査をして組織検査をした人が禁止されていることとは

胃カメラ検査をした日に組織検査までした人などは胃が傷ついていたりすることがあるため、アルコールなどの摂取は禁止となっていますが、その他にも激しい運動や、お風呂の湯船の中に入ることも禁止となっています。

 

食事もできるだけ消化の良いものを摂取した方が良いとされています。

 

胃カメラをした時に麻酔をすることが多いですが、胃カメラで胃が傷つけられてしまっていることがあります。

 

ですから飲食も麻酔が覚めた後に摂取しなければならないと決まっていますが、もちろんその日に飲酒をするのは禁止です。

 

胃が傷ついていたりすると出血などをすることがあるため、アルコールは刺激になるため禁止となっています。

スポンサーリンク