胃カメラの麻酔による意識への影響

胃カメラの麻酔による意識への影響

胃カメラの麻酔による意識への影響

胃カメラをする時に麻酔をしますが、麻酔が深くかかると意識への影響が出ることがあります。胃カメラ検査の時の麻酔で意識へ影響が出るくらいの麻酔とはどの程度でなるものなのか、毎年胃カメラをする人は体に影響はないものなのか、胃カメラをする時の麻酔と鎮痛剤の違いとは、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査での麻酔で意識へ影響が出てしまう麻酔とはどの程度のものなのか

胃カメラをする時に麻酔や鎮静剤を使用してつらい思いをしないようにすることがあります。ウトウト寝ているような状態になると意識がもうろうとしているため意識が混濁してしまうような状態になります。

 

麻酔を重めにすればするほど意識には影響が出るものとなります。

 

胃カメラ検査で麻酔を使用する場合、毎年検査をして影響はないものなのか

胃カメラ検査を毎年行っている人は、毎年麻酔が体の中に入って不安を感じる人もいるかもれませんが、薬は体内から外に排出されるため、また使用している薬剤もそれほど多くないため、心配する必要はありません。しかし使用する麻酔の量が毎回多い場合には、影響などが受けるたびに多少ある場合もあり得ます。

 

胃カメラを行う時にする麻酔と鎮痛剤の違いはどこにあるものなのか

麻酔は意識を麻痺するため、患部を麻痺させるために行いますが、鎮痛剤は痛みを和らげたり、苦痛を少しでも減らすために眠くさせてうとうとしたような状態で楽に胃カメラを受けられるように行うものです。

 

胃カメラを受ける時に麻酔をかけると意識がもうろうとして、胃カメラ検査の事もあまり覚えていないという状況になることがあります。もちろん麻酔が覚めた後には普段と同じように出来ますが、しばらく起き上がれなくなったり車の運転などは出来ないというような状態になりますので、注意しなければなりません。

スポンサーリンク