胃カメラの麻酔が怖いときは

胃カメラの麻酔が怖いときは

胃カメラの麻酔が怖いときは

胃カメラをする時には麻酔の使用をすることがあります。どうしても胃カメラの麻酔が怖いときにはどのようにしたら良いものなのか、胃カメラを苦しくないようにするためにはどうしたら良いものなのか、胃カメラの内視鏡には細さに違いなどあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの麻酔が怖い時には

胃カメラをする時には口に麻酔のスプレーをしたり、静脈注射で麻酔をしたり、麻酔を使用することがありますがどうしても怖いというのであれば、医師に先に伝えて麻酔の量を減らしてもらったりすると良いですが麻酔なしで胃カメラをすると相当なつらい思いをすることだけは覚悟した方が良いでしょう。

 

胃カメラを出来るだけ苦しまずに受けるにはどうしたら良いものなのか

胃カメラ検査は咽頭反射があるために、胃カメラが口の中に入ってきた時にとても苦しい思いをしたりすることがありますが、胃カメラにとても慣れている医師などに検査を行ってもらったりすると違いがあることがあります。また、検査を受ける時には出来るだけ体の力をぬいてリラックスするとつらさが和らぐことがあるようです。

 

内視鏡には細さなどの違いはあるものなのか

胃カメラの内視鏡はさまざまな細さがあり、口の中から入れるものに関しては8〜9ミリくらいのものが一般的ですが、鼻からの内視鏡は5ミリ程度のものと言われています。どうしても口からの内視鏡がつらく麻酔をしてもつらいという人などは、鼻からの内視鏡を一度検討すると良いでしょう。

 

胃カメラ検査をする時には口の中にゼリー状の麻酔をしたり、スプレータイプの麻酔をしたり、静脈注射で鎮静剤を打ったり、全身麻酔で検査したりと麻酔を使用することがありますが、どうしても麻酔が怖いという時には、医師に相談することが大切です。

スポンサーリンク