胃カメラの麻酔薬を飲み込む事は問題ないか

胃カメラの麻酔薬を飲み込む事は問題ないか

胃カメラの麻酔薬を飲み込む事は問題ないか

胃カメラの検査をする時には咽頭反射を防ぐために麻酔薬を口に含ませ、その後に飲み込む事があります。胃カメラ検査をする時には麻酔は飲み込む事をしても大丈夫なものなのか、胃カメラの麻酔薬はどのようにしたら効果的なのか、胃カメラ検査で麻酔薬をしてもつらい時にはどうしたらよいものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査をする時に使用する麻酔薬は飲み込んでも大丈夫なのか

胃カメラの検査をする時には咽頭反射を防ぐためにキシロカインなどを使用して喉に麻酔をします。麻酔はゼリーになっているために口にふくませた後に最後には飲み込んでいいと言われますが、安全性は高いものなので心配しなくても大丈夫です。

 

胃カメラ検査の時の口に含ませる麻酔はどのようにしたら効果的なのか

胃カメラの検査の時に口に麻酔のゼリーなどを入れることがありますが、そのまますぐ飲み込んでしまうと効果がなくなってしまうため、出来れば数分間、口の奥の部分の内視鏡が通る部分でためておくと良いです。

 

時間を置くことで麻酔が効いてつらさを感じることが少なくなります。

 

胃カメラ検査で麻酔薬を使用してもらっても辛い時には

胃カメラの検査をする時に麻酔薬がきちんと効いていないと、とてもつらい検査になることが多いのでさらに麻酔のスプレーなどを追加できるのであればしてもらう、などしてもらうと良いです。他には麻酔の量を増やしてもらったりすることも可能かどうか聞いても良いでしょう。

 

胃カメラをする時に口の中に麻酔薬を使用することが多いですが、この麻酔薬は特に飲み込んでしまっても問題ないものなので、飲んでしまっても大丈夫ですので、安心して検査を受けると良いでしょう。

スポンサーリンク