胃カメラの麻酔による発熱

胃カメラの麻酔による発熱

胃カメラの麻酔による発熱

胃カメラ検査をした後で、人によっては麻酔による発熱などが起こる場合があります。胃カメラの麻酔で発熱が起こるのはどうしてなのか、胃カメラの後にはどのようなどのような生活をするのが望ましいのか、胃カメラの麻酔で起こる副作用で起こるものとはどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをした時に麻酔で発熱することはあるものか

胃カメラ検査をした時には、内視鏡が胃の中に入ることで、胃に傷が付いたりすることもありますし、麻酔の副作用などが出て発熱などが起こることもあります。胃カメラ検査は特に難しい検査ではないですが、検査には副作用はつきものだという事は認識して胃カメラ検査を受ける必要があります。

 

胃カメラをした後にはどのような生活をしたら良いものなのか

胃カメラ検査を行った後には、麻酔などを使用した場合しばらくふらふらとしたり、朦朧として休む時間が必要なこともあります。出来るだけ検査を受けた日には、遠出をしたり、動きまわったりするようなことは控えて静かに過ごした方が良いでしょう。

 

胃カメラを麻酔をして行うと副作用が起こることがありますが考えられるものとは

胃カメラを受けるために麻酔を行ったことで人によっては副作用が出ることがあります。麻酔でアレルギーが起きたり、頭痛、腹痛などが起こる場合もあります。とても稀で確率はとても低いですが虚血性心疾患の発作などが起こる場合もあるようです。

 

胃カメラ検査で麻酔によって発熱などの副作用が出ることがあります。副作用はその他にもいろいろ人によっては出ることがあり、何か症状が出た場合で気になるようならば、検査を行った病院に連絡を取るなりすると良いでしょう。

スポンサーリンク