胃カメラの麻酔による腹痛

胃カメラの麻酔による腹痛

胃カメラの麻酔による腹痛

胃カメラの検査を受けた時には麻酔による腹痛が出ることがあります。胃カメラで麻酔による腹痛が出るというのはどうしてなのか、胃カメラで検査をした後に腹痛が出ることはあるものなのか、胃カメラの麻酔によっての副作用とはどのようなものがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で麻酔によって腹痛が出ることはあるものなのか

胃カメラ検査をすると麻酔を使用することにより、さまざまな副作用が出ることがあります。その中で麻酔が効きすぎてしまったことなどにより腹痛などが出ることもあります。検査が終わった後には麻酔がきちんとさめてから食事などを摂る必要などもあるでしょう。

 

胃カメラ検査をした後に腹痛が出てしまう原因はあるものなのか

胃カメラをした後に胃がからっぽの状態になっているところに食事を摂ることになるわけですが、急に刺激物などを食べてしまったりすると、胃に負担がかかることで腹痛などが出ることがあります。他には胃カメラ検査によって胃の中が傷ついてしまったり、出血などがある場合などにも腹痛が出る場合があります。

 

胃カメラで麻酔によって副作用があるとしたらどんなものがあるのか

胃カメラをした際に麻酔をすることにより、さまざまな副作用が出ることがありますが、腹痛や頭痛、嘔吐めまい、耳鳴り、胃部不快感などの症状が出る場合などがあります。

 

胃カメラの検査を受ける時には麻酔をすることがあり、麻酔によって腹痛などが起こることもあります。麻酔で腹痛や他に副作用が出ることがありますが、一時的なものだと思われますので、それほど気にすることはありませんが、いつまでも良くならなかったような場合には、検査をした病院に相談した方が良いでしょう。

スポンサーリンク