胃カメラの麻酔と喘息の影響

胃カメラの麻酔と喘息の影響

胃カメラの麻酔と喘息の影響

胃カメラをする時に喘息を持っている人は麻酔と喘息に何か影響が出るものなのか不安になることもあると思います。胃カメラは喘息をもっている人には麻酔などは影響があるものなのか、胃カメラは喘息をもっている人は受けることが出来るものなのか、胃カメラで全身麻酔使用は喘息の人には問題があるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査をするときに麻酔は喘息の人に影響があるものなのか

喘息をもっている人が胃カメラで麻酔をする時に気を付けなければならない事は、麻酔に対してアレルギーなどをもっているかということです。麻酔に特にアレルギーなどが無いような場合には、喘息があっても麻酔をすることは問題ないでしょう。もちろん喘息を持っていることは医師に伝えておいた方が良いでしょう。

 

胃カメラは喘息がある人は受けることが出来るものなのか

喘息があっても、胃カメラは受けることが可能です。もちろん医師にはきちんと検査をする前に伝える必要がありますが、出来るだけ細い管を使用して検査をしてくれたり、時間を短くしてやってくれたりする病院もあるようです。きちんと配慮してくれる病院を選ぶことをおすすめします。

 

全身麻酔で胃カメラを喘息の人は受けることが出来るのか

喘息がある人は全身麻酔をすることにリスクがあると言われているため、注意が必要です。どうして注意が必要なのかというと、麻酔がさめる時に喘息の発作が出ることが考えられるからです。全身麻酔をして喘息の人に胃カメラをする時には最大限配慮して麻酔をする必要があります。

 

胃カメラをする時に麻酔をかけますが、喘息を持っている人はリスクを伴うことがあるため、いろいろと注意が必要です。麻酔に対してアレルギーがないかどうか、喘息を持っているということをきちんと検査前に医師に伝えているか、などを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク