胃カメラの麻酔による動悸

胃カメラの麻酔による動悸

胃カメラの麻酔による動悸

胃カメラをする時に麻酔をすることで動悸が起こることがあります。胃カメラでの麻酔で動悸が起こってしまうのは何か原因があるものなのでしょうか、胃カメラの麻酔をすることにとても不安がある場合にはどうしたら良いものなのか、胃カメラをする時に鎮痛剤などを使用しても効果があまりないということはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査を行う時に麻酔をして動悸がおこるのはなぜなのか

胃カメラで麻酔を行って動悸がものすごく起こるという時には、麻酔のアレルギーがあると考えられるため、出来るだけ避けなければならないでしょう。アレルギーがなくても同様に動悸が起こるのであれば、医師に必ず相談した方が良いです。

 

胃カメラをする時に麻酔をすることがとても不安な時にはどうしたら良いのか

胃カメラをする時に麻酔をすることがとても不安と考えるのであれば、麻酔なしで胃カメラをするほかないかもしれません。他には胃カメラではなくバリウムを飲む方法もありますが細部まで見る場合には、胃カメラの方が良いため二度手間になってしまう可能性もあります。

 

胃カメラをする時に鎮痛剤が効かないことはあるものなのか

胃カメラを苦しくないように鎮痛剤を使用して検査をする予定にしていても、鎮痛剤が全く効かないというような体質の人も中にはいます。鎮痛剤にも種類があり、量などでも違ってきますので、効果がない時にはきちんと申し出た方が良いでしょう。

 

胃カメラをする時に麻酔をして動悸などが起こる場合があります。その場合にはキシロカインなどのアレルギーがある場合があり、アレルギーがあると最悪アナフィラキシーなどが起こってとても危険ですので、必ず動悸があった旨を医師に伝える必要があります。

スポンサーリンク