胃カメラの麻酔による便秘

胃カメラの麻酔による便秘

胃カメラの麻酔による便秘

胃カメラの検査をする時に麻酔使用によって便秘になることがあります。胃カメラで麻酔を使用することで便秘になる理由はどんなところにあるものなのか、胃カメラの検査後麻酔が切れたらすぐに食事を摂ってもいいものなのか、胃カメラで麻酔をして何か事故があることはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで使用する麻酔で便秘になる理由はどこにあるのか

胃カメラを使用する時に麻酔をしたことで検査後に便秘になることがあります。便秘は極度の緊張などでも起こることがありますし、不安を感じたりすることでもなることがあります。しばらくしたら解消されると思われますので、時間が経っても便秘のママであった場合には医師に相談した方が良いでしょう。

 

胃カメラの検査後麻酔が覚めたら食事はすぐに摂っていいものなのか

胃カメラの検査の時には麻酔をしますが、麻酔はだいたい1時間くらいは切れないため、麻酔がかかっている時には食事などは摂ってはいけません。麻酔が切れた後に何かを飲んでみてむせないことを確認してから、食事を摂るようにした方が良いでしょう。

 

胃カメラで麻酔をかけたことで事故が起こる事はあるものなのか

胃カメラをする時に麻酔をかけることが多いですが、麻酔といっても全身麻酔や局所麻酔などさまざまあります。怖いのは麻酔にアレルギーがあり、アナフィラキシーショックが起こることなので麻酔にアレルギーがないかどうかなどはきちんと調べておいた方が良いです。また全身麻酔での胃カメラは事故の確率が0ではないということは覚えておいた方が良いでしょう。

 

胃カメラの検査で麻酔をかけた時には、検査後に便秘になる人が中にはいます。しばらく便秘が続くようなことがあっても一時的なことがほとんどなので、それほど心配しなくても良いですが、ずっと続いて治らないような場合には病院へ行くようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク