胃カメラの鎮静剤で暴れることはあるのか

胃カメラの鎮静剤で暴れることはあるのか

胃カメラの鎮静剤で暴れることはあるのか

胃カメラの鎮痛剤で暴れることがあるというのがたまに聞かれることがあります。胃カメラをする時に鎮痛剤を使用することでどうして暴れてしまうことがあるのか、胃カメラ検査で暴れないようにするためにはどうしたら良いのか、胃カメラで苦しい思いをしないようにするにはどうしたら良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラをする時に鎮痛剤を使うことで暴れてしまうということはどうして起こるのか

胃カメラ検査をするときに鎮痛剤をすると、眠っているような状態になり、はっきりとした意識はなくなり辛い検査を受けているという感覚はあまりなくなりますが、体のほうは中に異物が入ってくるために咽頭反射などがあるためにどうしても意識がなくても反射的に嫌だという感覚が出てしまい暴れてしまうということが起こることがあります。

 

胃カメラ検査で暴れてしまわないようにするにはどうしたら良いのか

鎮痛剤を使用しての胃カメラであると、寝ているような状態でも寝ているわけではないので反射が起こってしまうことがあります。どうしても暴れたくないのであれば、完全に意識のない状態の全身麻酔での胃カメラ検査を受けることなどしかないでしょう。

 

胃カメラでつらい思いをしないようにするにはどうしたら良いのか

内視鏡の大きさも病院によってサイズが違うことがあります。大きさが大きいほど苦しいと思う人が多いので、出来るだけ細いサイズを用意している病院を探したり、鼻からの内視鏡検査を検討したりするなど考えると良いでしょう。

 

胃カメラをする際に鎮痛剤を使用することで暴れてしまうということが起こってしまうことがあります。これは意識は鎮痛剤で朦朧としているものの、体は意識的に反射してしまうことから苦しい思いが体の外に出てしまい、暴れてしまうということが起こるのです。全ての人に起こるわけではないですが、起こる場合も考えられます。

スポンサーリンク