胃カメラの鎮静剤で意識はどうなるのか

胃カメラの鎮静剤で意識はどうなるのか

胃カメラの鎮静剤で意識はどうなるのか

胃カメラの鎮静剤で意識はどうなるのか気になる人も多いと思います。胃カメラをする時に鎮静剤を使用することで意識はどのようになることが多いのか、鎮静剤を使用して胃カメラをする時に気を付けなければならない点とはどのような点なのか、胃カメラで鎮静剤を使用すると暴れることがあるというのは本当なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの時に鎮静剤を使用すると意識はどのようになる事が多いのか

胃カメラをする時に鎮静剤を使用すると、苦痛がないレベルにすることが出来ますが、全身麻酔のように全く意識がないといった状態ではなく、ウトウトしているような少しだけ意識は残っているような状態になっていることが多いようです。もちろん鎮静剤の種類や量などによって変わってきます。

 

胃カメラで鎮静剤を使用する際に気を付けて検査しなければならない点とは

胃カメラで鎮静剤を使用すると、意識が薄れるため、胃カメラを受ける側の呼吸が変わったりする事に気を付けて検査をしていかなければなりません。また血圧が低下したような際にも反応などや状態も確認しながら検査を行っていかなければならないでしょう。

 

胃カメラ検査で鎮静剤を使用すると暴れることがあるのかどうか

胃カメラで鎮静剤を使用して検査をすると、意識がはっきりしているわけではないため、胃カメラのつらさなどは少なくなりますが、体の方は完全に意識がないといった状態ではないため、内視鏡が体の中に入って苦しくなった時などの反射などは出てしまうため、暴れているような状態になることもあります。

 

胃カメラで鎮静剤を使用して検査をした時には、意識は全くなくなるわけではありませんが、寝ているような状態で受けることが出来ます。胃カメラの検査は苦しくてつらいといった意識がある人が多いため、出来ればそのような思いをしたくない、というような人は最初から鎮痛剤を使った検査を希望すると良いでしょう。

スポンサーリンク