胃カメラの鎮静剤による頭痛

胃カメラの鎮静剤による頭痛

胃カメラの鎮静剤による頭痛

胃カメラの検査を鎮静剤を使用して受けた場合に頭痛が出ることなどがあります。胃カメラ検査をする時に鎮静剤を使用すると頭痛などが出るのはどうしてなのか、胃カメラ検査の鎮静剤はどのように投与するのか、胃カメラをする時に鎮静剤を使用しての検査を行っても鎮静剤が効果ない時などはあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で鎮静剤を使用した時の頭痛はなぜ起こることがあるのか

鎮静剤を使用して胃カメラ検査をすると、副作用が稀に出ることがあり、頭痛のその一つと考えられます。鎮静剤を使用するともともと頭痛を起こしやすいといった人は特に症状を感じることが多いようですが、もちろん全く頭痛などが出ない人もいますので、個人差があります。

 

胃カメラの検査の鎮静剤の投与はどのようにおこなっていくものなのか

胃カメラを受ける時に鎮静剤を使用することがありますが、鎮静剤は静脈注射の点滴から体の中に入れていくことが多いです。もちろん医師の判断によっては違う方法が取られることもありますが、特にどのように投与されるのか心配することはないでしょう。

 

胃カメラを鎮静剤を使用して検査しても鎮静剤が効かないことはあるものなのか

鎮静剤が効果がある、なしは体質によって変わってくることがあり、同じ薬を使用しても全く検査中に何も覚えていないといった人もいる中で、あまり鎮静剤が効かずにつらい思いをしたといった人もいるようです。効果があまりない時には医師に申し出ると良いでしょう。

 

胃カメラの検査をする時に鎮静剤を使用して検査をすると、つらさや痛みなどを感じずに検査を受けることが出来ますが、副作用で頭痛が出たり、腹痛が出たり様々な反応が出ることがあります。個人差がありますので、副作用が出る人もいますが、全く出ない人もいるでしょう。

スポンサーリンク