胃カメラの鎮静剤は安全なのか

胃カメラの鎮静剤は安全なのか

胃カメラの鎮静剤は安全なのか

胃カメラの鎮静剤は安全なのかどうなのか、と思っている人もいるかと思います。胃カメラ検査に使用する鎮静剤は果たして安全であるのかどうか、胃カメラで使用する鎮静剤の量はどのように決めるものなのか、胃カメラ検査で鎮静剤を使用した場合には、検査が終わった後に決まり事などあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの時に使用する鎮静剤の安全はどうなっているのか

胃カメラ検査をする時に鎮静剤を使用して検査を行うことがありますが、鎮静剤は安全なものをもちろん使用していますので、危険なことは少ないと思われます。しかし咽頭麻酔のみなどに比べると意識が多少混濁することもあり、何か体調が変わったことが起こっても体に反応しにくく分かりにくいといった点から多少のリスクなどはあるといっても良いでしょう。

 

胃カメラの時に使用する鎮静剤の量などはどうやって決めるものなのか

胃カメラ検査をする時に使用する鎮静剤の量などは、もちろん医師が患者さんの年齢や、病状、今まで検査した時の反応などを踏まえた上できちんと決めているので安心して良いでしょう。過去に胃カメラ検査でとてもつらい思いをして、どうしても前よりも意識がない状態で行いたいといった希望などがあった場合には申し出ても良いと思われます。

 

胃カメラ検査をした後に決まっている事など何かあるものなのか

胃カメラ検査を鎮静剤を使用してした時には、鎮静剤がきちんと覚めるまで安静にする必要があり、朦朧としているような場合があるため、車の運転などやハードな仕事などは検査後にすることは出来ません。また鎮静剤がきちんと覚めて1時間以上たってからでないと、食事は摂取することが出来ないなどの決まりがあります。

 

胃カメラ検査をする時に鎮静剤を使用すると、苦しい思いをあまりすることなく検査を受けることが出来ますが安全かどうかなど心配になることがあるかと思います。鎮静剤の量などはきちんと医師が判断して決めているもので、鎮静剤の種類も後に体に残るものではないため、安全性は高いと思われますが、薬を使用するといった点ではリスクもあると考えられます。

スポンサーリンク