胃カメラの鎮静剤と運動への影響

胃カメラの鎮静剤と運動への影響

胃カメラの鎮静剤と運動への影響

胃カメラ検査を鎮静剤投与で受けた時には、検査後に運動をしていいのかどうか、体に影響はあるのかどうか分からないこともあるかと思います。胃カメラを鎮静剤を使用して受けた時には、検査した後に運動はしても良いものなのか、胃カメラ検査の後に出来れば避けた方がいい事とはどんな事なのか、胃カメラで検査後に運動も出来る胃カメラ検査はどんなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを鎮静剤を使用して受けた時運動は検査後していいものなのかどうか

胃カメラ検査を鎮静剤を使用して受けた時には、検査後に運動していいのかどうか悩むこともあるかもしれませんが、出来れば避けた方が良いでしょう。特に生検などをしていない普通の検査を受けたのであれば体に影響などはないですが、胃カメラをした時には胃に傷がついて出血などをしている場合なども考えられるため、そのような事も考えて避けた方が無難です。

 

胃カメラを受けた後に当日に避けた方が良い事とはどんな事なのか

胃カメラ検査を受けた日には、鎮静剤を使用した場合何は特に意識がまだもうろうとしている事があるため、車の運転などはしてはいけません。また胃の中にカメラが入った後なので、出来るだけ消化が良い食べ物を摂取するというのが望ましいので、脂っこい物や、アルコールなどは避けた方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査をした後にどうしても運動したい時には

胃カメラの検査でどうしても検査後にも運動がしたいというのであれば、鼻からの内視鏡の胃カメラ検査を行うと良いでしょう。特に鼻のスプレー程度の麻酔であれば、検査後に休むこともなく、運動やお風呂などの制限もないでしょう。

 

胃カメラを鎮痛剤を使用して行った時には、検査が終わった後に出来れば運動は控えた方が良いです。

 

どうしてかというと、胃に検査中に傷がついていることがあるかもしれませんし、その日は安静にしておいた方が無難だからです。

スポンサーリンク