胃カメラの鎮静剤と嘔吐反射

胃カメラの鎮静剤と嘔吐反射

胃カメラの鎮静剤と嘔吐反射

胃カメラ検査で鎮静剤を使用しての検査をした場合には、嘔吐反射するものなのかどうなのかと思うこともあるかと思います。胃カメラで鎮静剤を使用しての検査の場合、嘔吐反射はあるものなのか、鎮静剤を使用しての胃カメラのデメリットとはどのような点なのか、胃カメラで嘔吐反射が強く出た人でまた胃カメラをしなければならない人は、次はどのように胃カメラ検査を受けると良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で鎮静剤を使用した場合には嘔吐反射は出るものなのか

胃カメラ検査をする時に鎮静剤を使用しての検査の場合には、眠っているような状態になりますが意識が全くない状態ではないため、胃カメラが入っていく時には嘔吐反射が体の上では出てしまうこともあるかもしれませんが、本人は眠っているような状態なので、特につらいといったことはありません。

 

逆に意識はなくても、検査中に暴れてしまうような人も中にはいるようです。

 

鎮静剤を使っての胃カメラのデメリットとはどんな点があるのか

鎮静剤を使用して胃カメラをした場合、どのようなデメリットがあるのかというと、鎮静剤により副作用が体に出るということが人によってはあるところです。もちろん全く出ないという人もいます。また、胃カメラ検査の時間が鎮静剤を使用しない人に比べて、長くなってしまうというようなデメリットはあります。

 

検査が終わった後にも禁止されていることなどがあるという点などもデメリットの一つと言えるでしょう。

 

胃カメラで鎮静剤なしで嘔吐反射が出た人は、次の胃カメラはどのようにしたらよいのか

胃カメラ検査を鎮静剤など無しで受けた人の中には、辛く苦しく二度とやりたくないと思う人も多くいると聞きます。そのような人はもしも次にまた胃カメラをするのであれば、鎮静剤を使用して出来るだけ寝ているような状態にきちんとなるように先に医師に相談したり、鎮静剤の量を増やしてもらうなどの相談をしておけば、つらい思いをすることは少なくなるでしょう。

 

胃カメラは鎮静剤なしで検査をした時には嘔吐反射が強く出ることがありますが、鎮静剤を使って検査をすれば寝ている状態になることが多く、多くは知らない間に検査が終わっていたということになります。

 

体が嘔吐反射をしていても、自分では苦しい思いをすることはないと考えられます。

スポンサーリンク