胃カメラの鎮静剤は気持ちいいのか

胃カメラの鎮静剤は気持ちいいのか

胃カメラの鎮静剤は気持ちいいのか

胃カメラ検査をする時に鎮痛剤を打った場合、ウトウトするような感覚になるため、気持ちいいという感覚になる人もいるでしょう。胃カメラの検査を鎮痛剤使用した場合に、どうして気持ちいいといった感覚になることがあるものなのか、胃カメラの鎮痛剤はいつでも効き目は同じものなのか、鼻からの内視鏡は誰でもすることが可能なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査の時に鎮痛剤を使用した場合、気持ちいい感覚になるのはなぜなのでしょう

胃カメラの検査の時に鎮痛剤を使用すると、ウトウトしているような、お酒をたくさん飲んで酔っ払っていい気分になっている時と同じような状態になるため、気持ちいいといった感覚をもつ人もいるようです。中には検査中いびきをかいてしまう人もいます。

 

胃カメラを受ける時の鎮痛剤は同じ薬ならいつも効き目は同じになるのか

胃カメラを受ける際に使用する鎮痛剤は、もし二度胃カメラを受けるとして、同じ薬を同じように使用しても、体調によっては効き目が薄かったりする人も中にはいるようです。最初に鎮痛剤があまり効かなったことがあるのであれば、二度目には鎮痛剤の量を増やしてもらったり、薬を変更してもらったりするという事も出来ることもあります。

 

口からの胃カメラ検査がどうしてもだめな場合鼻からの検査は誰でもできるものなのか

口からの胃カメラ検査を鎮痛剤を使用して行ってもどうしても、鎮痛剤がうまく効かなかったりしてダメだった場合、鼻からの内視鏡は誰でも出来るものなのかというと、鼻の鼻腔が狭すぎたり、鼻が曲がっていたりする場合には、出来ないこともあるようです。

 

胃カメラ検査をする時に鎮静剤を打つと、ウトウトしたような感覚になるため、気持ちいいと感じる人もいるようです。お酒をたくさん飲んでいい気分になったような感覚と似ているものと思われます。

スポンサーリンク