高齢者の胃カメラ検査の鎮静剤使用

高齢者の胃カメラ検査の鎮静剤使用

高齢者の胃カメラ検査の鎮静剤使用

高齢者の胃カメラ検査の時の鎮痛剤使用は、どのように決められているものなのか知りたい人もいると思います。高齢者の胃カメラ検査の時に鎮痛剤の使用は誰でもするものなのか、高齢者が胃カメラ検査を鎮痛剤使用で行った場合、事故など起こる事はありうるのか、高齢者が胃カメラをする際に受ける負担とはどのくらいのものなのか、などを紹介したいと思います。

 

高齢者が胃カメラ検査をする時には鎮痛剤の使用は誰でも行うものなのか

高齢者が胃カメラ検査をする時には、若い人と全く同じように鎮痛剤使用とはいかない場合もあります。

 

胃カメラ検査を使用するだけでも体に負担がかかりますが、辛くならないように鎮痛剤を使用するにしても鎮痛剤投与の方が負担になることもあります。ですから医師がきちんと使用して良いかどうか考慮した上で鎮痛剤は使用されます。

 

高齢者が胃カメラ検査を鎮痛剤使用で受けた場合、事故などが起こることはあるものなのか

高齢者の場合、検査の途中でも何が起こるかわかりません。胃に関してだけではなく、途中で脳梗塞を発症したり、胃から出血したりすることもありますし、鎮痛剤が合わずにショックを受けてしまうことも考えられます。ですから多少のリスクなども考えた上で検査を受ける必要があります。

 

胃カメラ検査を高齢者が受けたときには、どのくらいの負担が体にかかるものなのか

胃カメラの検査を高齢者が受けるとなると、基本的には胃カメラ検査をしている時間はだいたい20分前後なのでそれほど長くないですが、体には負担は多少はかかります。咽頭麻酔などの局所麻酔であれば負担は少なくてすむでしょう。

 

高齢者が胃カメラの検査を鎮痛剤使用で受けると、多少なり体に負担がかかります。どうしても咽頭反射が辛く鎮痛剤を使用する場合には、薬の影響が体にないかどうかきちんと医師に確認してもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク