胃カメラの鎮静剤による呼吸への影響

胃カメラの鎮静剤による呼吸への影響

胃カメラの鎮静剤による呼吸への影響

胃カメラ検査をする時に鎮痛剤使用によって呼吸への影響が出ることも稀に起こります。胃カメラ検査を鎮痛剤使用でした場合に、どのような時に呼吸への影響が出るものなのか、胃カメラ検査の時に使用する鎮痛剤が合わない場合などあるものなのか、胃カメラの検査を受けるにあたってどのような持病がある場合に申し出なければならないのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで鎮痛剤を使った検査をした場合呼吸への影響があるものなのか

胃カメラ検査をする時に鎮痛剤を使用すると、鎮痛剤の副作用によって、中には呼吸への影響が出る場合なども考えられます。万が一、鎮痛剤にアレルギーなどがあった場合には、呼吸停止や呼吸抑制などが起こる場合などがあるため、事前に詳しい問診はとても大切となってきます。

 

胃カメラの検査で使用する鎮痛剤が体に合わないといった事はあるものなのか

胃カメラ検査の時に鎮痛剤は必ずしも、投与しなければならないといったものではないですが、希望して鎮痛剤を使用してもらっても、体質的な合わない事もあります。また、鎮痛剤を使用しても効き目があまりないといった人もいます。

 

胃カメラの検査をする際にどのような持病があると申し出た方が良いのか

胃カメラの検査は特に病気がない人であれば、いつでも受けて大丈夫ですが、高血圧、前立腺肥大、虚血性心疾患などの心疾患、緑内障の病気がある人は、事前に必ず医師に申し出る必要があります。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使用して検査した場合、途中で呼吸に影響が出てしまう人も中にはいます。

 

鎮痛剤が体に合わずショックを受けた場合には、最悪呼吸が停止してしまったりすることもあるため、鎮痛剤を使用しての胃カメラは多少なりのリスクが伴うことは頭に入れて検査を受ける必要があります。心配な人は病歴や合わない薬があれば事前に必ず医師に申し出る必要があるでしょう。

スポンサーリンク