胃カメラの鎮静剤を使うときにはコンタクトレンズを外すのか

胃カメラの鎮静剤を使うときにはコンタクトレンズを外すのか

胃カメラの鎮静剤を使うときにはコンタクトレンズを外すのか

胃カメラの鎮痛剤を使うときにはコンタクトレンズを外すのかどうか疑問が出ることがあります。胃カメラ検査をする時に鎮痛剤使用で検査する場合、コンタクトレンズは外さなければならないのか、胃カメラの検査をする時には外して検査をしなければならないものとはどんなものがあるものなのか、胃カメラの検査の途中によだれがたくさん出てしまった場合にはどのように対処したらよいのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを鎮痛剤を使って検査する時にコンタクトレンズはつけたままで良いのか

胃カメラの検査をする時には、眼鏡などは横を向いたりする場合とても邪魔になるため、外す決まりとなっていますが、特にコンタクトレンズを外さなければならないといった決まりはないです。

 

しかし、検査前にコンタクトレンズの調子が悪く、検査中に痛みなどが出てしまうような事がある場合には、外した方が良いかもしれません。

 

胃カメラ検査をする時に外さなければならないものとはどんなものか

胃カメラの検査をする時には、検査の時に邪魔になるものなどは外さなければならない決まりがあります。眼鏡、入れ歯、貴金属のアクセサリー類とベルト、コルセットなどの体を締め付けるものなどは外さなければなりません。

 

胃カメラ検査の途中でよだれがたくさん出てしまった時の対処法とは

胃カメラ検査をすると途中でよだれがたくさん出てきます。このよだれをどうしたらいいのか迷うこともあるかもしれませんが、気にせず垂れ流して大丈夫です。飲み込んでしまったりすると逆に苦しくなることがあるため、出してしまった方が楽に検査を進めることが出来ます。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使ってした時に、コンタクトレンズはしたままで良いのか検査前に悩むこともあるかもしれませんが、特にコンタクトレンズはつけていても大丈夫です。眼鏡は邪魔になるため、検査中は外さなければならないです。

スポンサーリンク