胃カメラの鎮静剤と食事

胃カメラの鎮静剤と食事

胃カメラの鎮静剤と食事

胃カメラの検査をした時に鎮痛剤を投与しての検査の場合、検査後に食事の決まりなどがあります。胃カメラの検査を鎮痛剤を使用して行った時にどのような食事の決まりがあるものなのか、どうして胃カメラ検査の後にすぐに食事を摂取することができないのか、胃カメラの検査をした後にはどのような食事を摂取したら良いものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使ってした時には検査後の食事に何か決まりはあるものなのか

胃カメラの検査をした時に、鎮痛剤を使用して検査をするとしばらくぼーっとしたままになり、麻酔や鎮痛剤で麻痺している事がありますので、1時間くらいは食事を摂取することが出来ません。きちんと麻酔が覚めてから食事は摂る必要があります。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使って行った場合、どうしてすぐに食事を摂ることが出来ないのか

胃カメラの検査を鎮痛剤を使用して行うと、喉が麻痺しているため、食事を摂った際に気管支に誤って入ってしまっても、痛みなどを感じることができないため、危ないことがあります。ですからすぐに食事を摂取してはいけないという決まりがあるのです。

 

胃カメラの検査をした後にどのような食事を摂ると良いものなのか

胃カメラの検査の後には、胃の中が空っぽになっている状態で、内視鏡が入った後なので非常にデリケートになっています。脂っこいものや、刺激物を食べてしまうと刺激になることがあるため、出来るだけ消化の良いものを摂取するのが望ましいでしょう。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使用して行った時には、鎮痛剤の効果が覚めるまで1時間くらいは食事を摂取することが出来ません。また、検査後には出来るだけ消化の良い、胃に優しいものを食べるというのが望ましいとされています。

スポンサーリンク