胃カメラの麻酔と鎮静剤には違いはあるのか

胃カメラの麻酔と鎮静剤には違いはあるのか

胃カメラの麻酔と鎮静剤には違いはあるのか

胃カメラをする時に使用される麻酔と鎮痛剤に違いがあるものなのか分からない場合もあるでしょう。胃カメラをする時に使用される麻酔と鎮痛剤には違いがあるものなのか、胃カメラで使用される鎮痛剤使用にはリスクがあるものなのか、胃カメラの検査で鎮痛剤を使用してもらいたい場合にはどうすればよいのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査をする時に使用される麻酔と鎮痛剤には違いがあるのかどうか

胃カメラの検査をする時に使用される麻酔にはいろいろな種類があり、全く意識がなく呼吸も停止して行う場合の全身麻酔、部分的に局所麻酔をしてつらくないようにするために行う麻酔などでも種類が変わってきますが、鎮痛剤は使用することにより意識がぼーっとして検査をしているのかどうかも覚えていないといった状態になるため、胃カメラ検査が苦しくてつらく、そのような思いをしたくない人が率先的に使用するといった違いがあります。

 

胃カメラ検査で使用される鎮痛剤にはリスクが伴うものなのか

胃カメラの検査で使用される鎮痛剤は、医師がきちんと患者さんに合わせて決めているため、とくに問題はないですが、鎮痛剤には副作用が出ることがあるため、人によっては頭痛や腹痛などの副作用が出ることがあったり、アレルギーなどがある人もいるため、リスクがないとは言えないでしょう。

 

胃カメラの検査で鎮痛剤使用で検査したい場合にはどうしたら良いのか

胃カメラ検査を苦しくない、つらくない検査にしたい場合、とくに鎮痛剤にアレルギーがないようであれば、鎮痛剤使用を必ず前提にしている病院を探したりすると、鎮痛剤使用で胃カメラを受けることが出来ます。

 

胃カメラの検査の際に麻酔や鎮痛剤使用で検査をすることがありますが、麻酔は局所麻酔であれば一時的なものとなるため、胃カメラが入ってきたときにあまり麻酔が効いていないと苦しい思いをすることもあります。全身麻酔での胃カメラはあまり例はありませんが、まったく意識がない状態で行うため、痛みなどを感じることはないでしょう。鎮痛剤使用での胃カメラは意識はない事が多いですが、体は反応することがあります。

スポンサーリンク