胃カメラの鎮静剤を使わない場合

胃カメラの鎮静剤を使わない場合

胃カメラの鎮静剤を使わない場合

胃カメラ検査をする時には鎮痛剤を使わないで検査をする場合もあります。胃カメラの検査を鎮痛剤を使わないでする場合とはどのような場合なのか、鎮痛剤を使用しての胃カメラ検査はどんな医師でもすることが出来るものなのか、胃カメラ検査は突然当日することができるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤を使わないでする場合とは

胃カメラの検査を鎮痛剤を使用するといろいろと規制が出てきます。例えば、検査が終わった後には鎮痛剤が効いているためすぐに帰宅することが出来ません。また、車の運転もすることができなくなるため車を必ず運転しなければならないのであれば、鎮痛剤は使用できないということになります。また鎮痛剤にアレルギーがあるような場合にも、鎮痛剤を使用しないで胃カメラ検査をすることになります。

 

胃カメラ検査を鎮痛剤使用でするのはどの医師でも可能な事なのか

胃カメラの検査を鎮痛剤使用で行う時には、呼吸の管理などもしていかなければならないため、全く未経験の医師などはすることが出来ません。また慣れていない医師がすると事故が起こる可能性もあるため、誰でも鎮痛剤使用が可能とは言えないでしょう。

 

胃カメラの検査は当日急に出来るものなのか

胃カメラの検査は初めて診察した日や予約した日にすることは基本的にはすることが出来ません。もちろん救急搬送されてきて一刻を争う場合などに検査をすることはありますが、普通は予約をとってから行います。

 

胃カメラの検査は鎮痛剤を必ず投与して行うとは決まりはありません。鎮痛剤を使用しての胃カメラは技術がそれなりにある医師ではないとリスクが伴うため、誰でもできるわけではないという理由もあります。

 

また鎮痛剤にアレルギーなどがある人には使用することが出来ないです。

スポンサーリンク