胃カメラの鎮静剤による吐き気

胃カメラの鎮静剤による吐き気

胃カメラの鎮静剤による吐き気

胃カメラ検査で鎮痛剤使用による吐き気などが出ることがあります。胃カメラ検査で鎮痛剤を使用した場合に吐き気が出ることがあるものなのか、胃カメラの検査をすることでストレスになることはあるのか、胃カメラの検査の後にノドがとても痛いというような症状が出ることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査をする時に鎮痛剤を使用すると吐き気が起こったりするのか

胃カメラ検査をする際に、鎮痛剤を使用すると副作用がでることがあり、吐き気などが出る人もいます。

 

個人差がありますので、全く吐き気がない人もいれば、なかなか治らない人もいるでしょう。あまりにも酷い場合には、医師に相談することをお勧めします。

 

胃カメラの検査でストレスを抱えてしまうことはあるのか

胃カメラ検査を受けることで、検査の途中につらかったり苦しかったりすることでストレスを抱えてしまいさらに病気が発生してしまう、というような事も稀にあるようです。鎮痛剤などを使用して胃カメラ検査をしても、副作用が出たりすると検査中はつらくなくても、検査後の症状で暫くの間つらい思いをするという人も中にはいます。

 

胃カメラ検査をした後にノドに痛みの症状がある事はあるのか

胃カメラ検査をしてノドに内視鏡が通ることで、ノドに痛みが出るということも検査後にはあるようです。

 

あまりにも症状が強い場合などには、医師に相談して薬を出してもらうような対処をすると良いでしょう。

 

胃カメラの検査で鎮痛剤を使用して検査をした場合には、鎮痛剤の副作用で吐き気などの症状が出ることがあります。個人差がありますので、全ての人に起こるとは限りませんが、何らかしらの痛みや症状が出た時には、辛くなるようであれば医師に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク