胃カメラの鎮静剤によるめまい

胃カメラの鎮静剤によるめまい

胃カメラの鎮静剤によるめまい

胃カメラを鎮痛剤を使用して行った時にめまいが起こることもあります。胃カメラ検査をするとき鎮痛剤を使用するとめまいが起こる事はあるのか、胃カメラの検査の時に使用する鎮痛剤がなかなか覚めないというような人は中にはいるものなのか、胃カメラをする時に鎮痛剤を使用して検査後に痛みが出ることはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラを鎮痛剤使用した時にめまいが起こることはあるのか

胃カメラ検査を鎮痛剤を使って行った場合には、鎮痛剤の効き目があると、ふらついてしまったり、めまいが起こったりすることがあります。検査が終わった後であればしばらく安静にするとめまいなどもおさまってきますので、そこまで心配することないですが、なかなか良くならない場合などには医師に相談した方が良いです。

 

胃カメラの検査の時に鎮痛剤を使用してなかなか覚めないことはあるものなのか

胃カメラの検査の時に、鎮痛剤を使用した場合に、鎮痛剤の効き目が強すぎて覚醒するまでに時間がかかるということもあります。鎮痛剤の量や薬の種類などによっては、効きすぎてしまうということもあるようです。しかし大抵の場合、数日たてば元に戻ることが多いです。

 

胃カメラ検査を鎮痛剤使用でした後に痛みなどが出ることはあるのか

胃カメラ検査を鎮痛剤使用出した場合には、鎮痛剤を使用している間は痛みなども薄れるためにもしも胃カメラで胃の中に傷がつくことがあってもしばらくは痛みなどを感じないことがあります。しかし、鎮痛剤が覚めた後に胃カメラで多少の傷などが出来た場合、覚めてから痛みが出ることもあります。

 

胃カメラ検査で鎮痛剤を使用した場合には、副作用などからめまいなどが起こることもありますし、鎮痛剤の効果がとても効いた状態ではふらふらしたり、めまいなどの症状が起こることがあります。

スポンサーリンク