胃カメラの鎮静剤利用と同意書

胃カメラの鎮静剤利用と同意書

胃カメラの鎮静剤利用と同意書

胃カメラの検査をする時に鎮痛剤の利用をする時には同意書が必要となります。胃カメラの検査をする時に鎮痛剤を使用するとどのような同意書にサインするものなのか、胃カメラの鎮痛剤使用での同意書で鎮痛剤使用について記載されている事とは、胃カメラの同意書は本人がサインしなければ絶対だめなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査をする時に鎮痛剤利用で行う場合、同意書の内容とは

胃カメラの検査をする時に、鎮痛剤を使用して検査をする場合同意書にサインしなければ検査を受けることが出来ません。同意書は万が一の時に稀に起こることが記載されてあったり、検査前に禁止される項目や内容などが書かれています。

 

胃カメラの検査で鎮痛剤使用の場合、同意書で鎮痛剤についての内容とはどんなものか

胃カメラ検査の際に鎮痛剤の使用をすることによって、稀に危険を伴うことがあることや、合併症・副作用などにはどのようなものがあるものなのか、鎮痛剤を投与されたのちに注意することなどが記載されています。病院によって同意書の内容に多少の違いがあることもあります。

 

胃カメラの検査の際に書く同意書は本人ではないとダメなのか

胃カメラの検査の時にサインする同意書は、患者本人ではなくても家族などが代理人としてサインしても可能となっています。もちろん本人に承諾を得ていることが前提です。

 

胃カメラの検査を鎮痛剤利用でする場合には、同意書にサインをしなければ検査を受けることはできません。

 

同意書とは万が一、胃カメラの検査で起こった稀な副作用や合併症、事故などについても納得して検査を受けるという確認のためにサインします。本人がサインできなくても代理で家族などがサインすることも可能です。

スポンサーリンク