胃カメラの鎮静剤とパニック障害

胃カメラの鎮静剤とパニック障害

胃カメラの鎮静剤とパニック障害

胃カメラの検査を受ける時に鎮痛剤を使用することでパニック障害の人でも胃カメラ検査を受けることができます。胃カメラ検査を鎮痛剤使用するとパニック障害の人も検査できるのはどうしてなのか、胃カメラを受ける時にどうしてもつらい思いをしたくない人は医師に相談するのは可能なのか、胃カメラ検査の口からの検査をパニック障害や嘔吐障害がある人が無理な場合はどうしたら良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査で鎮痛剤使用でパニック障害の人が検査できる理由とは

胃カメラの検査はとてもつらく苦しいといった先入観がとてもあるため、パニック障害がある人は心配がつのりなかなか胃カメラ検査をすること自体に踏み込めない、ということがあります。そんな人には鎮痛剤を使用することで検査中の意識がもうろうとすることで、心配することなく胃カメラを受けることが出来ます。

 

胃カメラをする際に検査で辛い思いをしたくないことを医師に伝えるのは可能なのか

胃カメラ検査は検査の中でも辛かったり苦しいと思われる検査のため、先につらい思いをしないために鎮痛剤を使用することを自分から希望したりすることも出来ます。医師にその旨を先に伝えて検査の予約などをすると良いでしょう。

 

胃カメラ検査をパニック障害や嘔吐障害がある人が口から受けられない場合には

胃カメラの検査は口から内視鏡を入れるものと、鼻からの内視鏡検査もあるため、どうしてもオエッとなってしまうのが恐怖で出来ないというような人は、鼻からの内視鏡を受けるという手もありますので胃カメラを諦めるのではなく、他の方法を見つけると良いでしょう。

 

胃カメラの検査は鎮痛剤を使用することで意識があまりはっきりしない状態で受けることが出来るためパニック障害などがある人でも、心配することなく受けることが出来ます。

スポンサーリンク