胃カメラの麻酔の副作用

胃カメラの麻酔の副作用

胃カメラの麻酔の副作用について

「胃カメラ」検査(経口内視鏡)には、ほとんどの場合において喉の麻酔が使用されます。

 

喉を傷つけない為と、内視鏡によって喉が苦しくなく痛くないようにするためです。

 

麻酔だけでは、身体の緊張まで取れずに患者が苦しい思いをすると考えられる時は、鎮静剤を必要に応じて注射します。

 

「胃カメラ」検査の麻酔の効用

経口内視鏡には、局所麻酔が使われます。

 

ゼリー状のものとスプレー式の麻酔とあります。

 

どちらも喉を内視鏡が通る時に痛くないように使います。

 

麻酔だけで検査する人もいますが、恐怖心から体の緊張が取れない人には、鎮静剤(静脈麻酔)注射を使用することも少なくありません。

 

鎮静剤は注射ですから、全身の緊張を和らげて不安感を軽減する効果が有ります。

 

しかし、検査後に麻酔薬と鎮静剤によって身体に及ぼす症状は、ボーっとしたふらつきやだるさだけでは無い事もあります。

 

人によっては、しばらくの間副作用に悩まされることも有るのです。

 

「胃カメラ」検査の麻酔の副作用

検査前に使用する喉の麻酔では、ゼリーの量やスプレーの回数が極端に多くなければ副作用は考えにくいでしょうが、麻酔薬そのものにアレルギーがある場合は、ショック状態になる可能性もゼロではありません。

 

アレルギーや持病のある人、服薬中の人は必ず検査前に医者に伝えてください。

 

副作用が稀に起こる原因は、鎮静剤(静脈注射)によるものがあります。

 

注射の量にもよりますが、いつまでもはっきりと意識がしない状態や、アレルギー症状、血圧低下、注射した血管の痛み、血管炎などがあります。

 

強めの鎮静剤を注射した場合は、稀に呼吸抑圧(呼吸停止)に陥る事もあるので、異変に気付いたら早めに医者に連絡しましょう。

 

また、検査の時に胃を膨張させたり、蠕動運動を抑える注射を打っている場合があります。

 

前日からの食事制限の後に胃の運動も停止している状態ですから、急に食べ物が入って来ると消化する準備ができておらず、嘔吐、悪寒、微熱などの症状が起こることが有ります。

 

薬の影響は人によって、異なりますから起こった症状の原因がどの薬かを知って、次回の検査時にはその症状を伝えることで回避しましょう。

スポンサーリンク